路面下空洞調査ソリューション

高精度な路面下空洞調査ならジオメンテナンスへ
多岐にわたる調査手法を組み合わせ、豊富な経験と独自ノウハウで
高精度な調査ソリューションを提供します。

路面下空洞調査ソリューション

高精度な路面下空洞調査ならジオメンテナンスへ
多岐にわたる調査手法を組み合わせ、豊富な経験と独自ノウハウで
高精度な調査ソリューションを提供します。

先進の「路面下空洞調査」ソリューション
Solutions
Solutions

路面下空洞調査

近年、地盤中の空洞による陥没事故が数多く発生、空洞調査のニーズが高まっています。
港湾、河川など海や川に面している路面下の空洞、埋設管の破損に伴う空洞、東日本大震災による液状化など、空洞の原因は多岐にわたります。

こうした空洞を迅速・確実に検出できる地中レーダー探査に加え表面内探査を併用し、空洞・ゆるみの検出を可能にします。
さらに空洞が検出された位置などで確認調査(ドリル削孔、コア抜き、ボアホールカメラ)を行うことで空洞ボリュームを測定、対策工事などの基礎資料を得ることができます。

短時間に広範囲の調査「路面下空洞調査」
Subsurface Cavities Investigation
Subsurface Cavities Investigation

路面下空洞調査

「路面下空洞調査」とは地中レーダー探査で使用するアンテナを車両の下に7つのアンテナ搭載、時速30km/h~40km/hで路面下の空洞を正確に探査することが出来る空洞調査のことです。

この探査車を利用することにより道路規制することなく短時間に長い区間の空洞調査が可能となりました。

地中レーダーアンテナは写真の中型バスの後方・下に搭載、探査時には道路1車線分を探査出来るよう、両側にアンテナを張り出した状態になります。

多岐にわたる調査手法と精度の高さ
Our Technologies
Our Technologies

多岐にわたる調査手法

私たちはお客様の多様なニーズにお応えできる豊富な調査手法を取り揃えています。

それぞれの調査手法についても長年の調査で高めてきた技術と現場での調査ノウハウで、極めて精度の高い調査ソリューションを提供しています。
ジオメンテナンスは徹底的に調査精度にこだわり、日々追求・進化し続けています。

ジオメンテナンスが選ばれる理由
Why Geo-Maintenance ?
Why Geo-Maintenance ?

地震大国ニッポン。
2011年の東日本大震災により、世の中の既存構造物の調査や工事着手前の地質調査などのニーズはこれまで以上に高まってきています。

私たちはこれまで、官公庁や大手建設会社様、土地オーナー様などから、数多くの調査のご依頼をいただき、多種多様なニーズに柔軟にお応えしてきました。
ジオメンテナンスが選ばれるのはなぜでしょうか?

  • 調査要件のヒヤリング
    &プランニング
    調査要件のヒヤリング&プランニング
  • 高度なノウハウによる
    多角的な調査の実施
    高度なノウハウによる多角的な調査の実施
  • 実用的な
    調査レポートのご提示
    実用的な調査レポートのご提示

多彩な調査ソリューション(動画)
Special Movie
Special Movie

私たちの調査・活動の様子を動画でご紹介します。